メニュー

COCO-HOUSE(ココハウス):鎌倉・葉山・逗子など湘南の不動産・賃貸・住宅情報が満載!

  • お問い合わせ
  • ログイン
洋一郎日記

土地の造成費を考えてみる

カテゴリー:
  • 2019年10月27日

 

 

不動産開発業者が造成した分譲地であれば、一定のライフライン(電気・ガス・水道・下水)も完備しています。また、中古住宅があった土地であれば、過去の引込みを利用する事もできます。ただ、何もない更地から新築戸建を建てる場合は、造成工事、ライフラインの引込み工事、外構工事(庭周り、駐車場など)これらをすべて自分持ちでおこなわなくてはなりません。

今回の西御門の土地は、造成工事の前からすべて費用を見積もらなくてはなりません。どんな費用が掛かかるのか算出して、価格の交渉の材料にしていきます。これは不動産屋として腕が鳴ります。

現地に赴き、ライフラインの引込みや擁壁の造成、植栽や外構工事を色々と考えてみます。

ハウスメーカーや工務店が決まっている方は、そうしたプロの方に費用まで算出して頂くと良いでしょう。後々必ずかかってくるので、外構の費用もしっかりと計算しておきましょう。

引込みから、各種造成までに300~380万円ほど掛るのではないか、これが今回諸々検討した結果の費用でした。

通常の不動産開発業者が造成した土地ではそうした費用は発生しないので、この金額を交渉の材料に、不動産会社に購入前提で相談をすることに。

はたしてどうなる事やら

続く

 

今回のチェックポイント!

土地造成に掛る費用を確認しましょう。

①ライフライン(電気・ガス・水道・下水)は費用も掛かるのでしっかり確認!

②擁壁の造成工事が必要かどうか

③地盤補強が必要な土地かどうか

④その他、植栽、外構工事にどれぐらい掛かりそうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

この記事へのコメント

  1. グルメ好き より:

    土地のお話勉強になります!
    ところで最近はグルメの話題はされないのですか?
    ご紹介されてるところはどれも美味しそうでいつも楽しみにしています!
    ちなみに、あれだけ美味しいものを食べて相当太られたんじゃないですか?入社して何キロ太られました?

    • yoichiro より:

      グルメ好きさん!コメントありがとうございます。
      ごめんなさい食レポをサボっておりましたね。
      これからはお家の話題の合間に、食べ物を入れていきます。
      実はですね。このお仕事かなり動き回るうえに、筋トレをしてますので、なんと入社時より3キロ痩せました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

上岡 洋一郎

上岡 洋一郎
鎌倉生まれ、鎌倉育ち
プロフィール
直接連絡する