メニュー

COCO-HOUSE(ココハウス):鎌倉・葉山・逗子など湘南の不動産・賃貸・住宅情報が満載!

  • お問い合わせ
  • ログイン
さおり日記

株分け

カテゴリー:
  • 2019年08月03日

はい。

またグリーンネタです。

 

食べ物か植物のネタしかないんか~い

音楽好きの設定はどこ行った~ん

 

…( ^)o(^ )

 

さておき。

コウモリランちゃんの、株分けをしたのでその様子をば。

 

流れで言いますと、

これが

 

こうなります。(端折りの極致)

 

 

 

先日購入した鉢植え。

だいぶ芽が密集してしまっていて、

このままだと中心に風も通らないし日も当たらないなあと思っていたところ…

成長点が二つあることが判明。

こことここ。

 

芽が生えてくるところ。です。

これを、無理やりめりっと割って、2つの個体に分けてしまおう、という算段。

 

…今回もやはり写真がないので、

せめてもの(?)ゆるふわイラストにてお付き合いください。

 

~合ってるか分からないけど見様見真似で

なんとなくそれっぽくやってみたコウモリランの株分け~

【下準備】

水苔を水に浸して戻し、程よく水を切ってほぐしておく。

細めのテグスを2~3mの長さに切っておく(苔玉一つにつき4~6本ほど)

爪を切るかゴム手袋を装着しておく。(爪の間に入った土が全然取れなくて悲しくなるので)

 

鉢から出したところ、根がびっしり!だったので

ほぐしながら、なんとなく二つに分けていく。

 

成長点を傷つけないように、

どちらのなのか分からないワサワサの胞子葉をなんとなく分け入っていく…

 

水はけが悪かったのか、ところどころ根が腐りかけていたので、

お腐れ様部分は容赦なくぶちぶち。

 

 

つづいて、粘土玉で根っこを包み込みます。

粘土質の高い土に水を練り込んで、やわめの粘土くらいの固さにしておきます。

(腐葉土やケト土7:赤玉土3)

※ビニール袋に入れてもみもみすると手が汚れないことを今回学びました。

 

これを、根になじませるように纏わせていきます。

力いっぱいギュッとすると根を痛めるし、

ふわっと巻くだけだと次の工程の際にボロボロ剥がれていってしまいます。

うまく言えないんですが、程よくなんかいい感じにギュッギュとします。

 

 

いよいよ苔玉にしていきます!!!!

水苔をひと掴み手のひらに広げて、土肌が見えないように

べたっと厚めに貼り付けるように纏わせていきます。

スコッチエッグを作る時のようなイメージです。

 

モロモロと落ちてくるので、

テグスでぐるぐる巻きに巻き上げながら、形やバランスを整えていきます。

ここから先は、自身の美意識vs技術の、許容範囲を巡るせめぎあい。

己との闘い。

 

 

今回はもともと1つだったものを2つに分けたこともあり、

自立させるにはバランスが難しいので

吊り鉢と水鉢に活けておくことにしました。

半分にしてこのボリューム…!

 

 

もともと吊り鉢に入っていた子は、

成長しすぎて鉢がキツキツになっていたので、

なんとかむりやり引き出して同じく苔玉にして…

脚付きの飾り鉢に鎮座させました。

 

 

 

これで合ってれば元気にスクスク育ってくれるハズなんですが…!

子の成長を見守る母の気持ち…。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です